ロレックス ドレスモデルについて~オイパペからデイトジャスト・デイデイト・チェリーニ~

Principles that are obsolete are not principles ~ ROLEX dress model ~

ロレックスと聞くとデイトナやサブマリーナーなどスポーツモデルを先にイメージされる方も多いかと思われますが、生産数の割合が多いのはドレスモデルと呼ばれるデイトジャストやデイデイトなのです。オンオフ問わないシンプルなデザイン、多くの素材や文字盤のバリエーションが用意されたバラエティ豊かなラインナップ、万人に受け入れられる腕時計としてロレックスの人気を支えています。

■デイデイト

デイデイト~貴重な素材~
ロレックス デイデイトは1956年に誕生しました。18 ct ゴールドまたはプラチナのみで展開されるこのモデルは、ダイアル上の小窓に日付だけではなくフルスペルの曜日も表示する世界初の腕時計でした。特別にデザインされたプレジデントブレスレットを装備するデイデイトは、世界中のエリートのための究極の逸品であり続けています。<ROLEX HPより>

皆さんご存知の「デイデイト」です。ロレックスの最高峰であり、三大発明に加えフルスペルの曜日表示も備えています。またデイデイトはゴールドやプラチナと言った貴金属のみを使用していますですので、普通の方にはなかなか手の届かない高級モデルとなっています。

デイデイトが誕生したのは1950年代。デイデイトは高級機械式腕時計として富裕層に向け作られました。ロレックスの三大発明と呼ばれる「オイスターケース(防水)」「パーペチュアル機構(自動巻)」「デイトジャスト機構」が完結した1940年代。ロレックスは一般庶民にも手の届く丈夫で機能的な時計を作り、イメージ戦略を行い、次いで高級モデルに力を入れていきました。

ロレックスが時の大統領(アイゼンハワー氏)に贈呈したロレックスから、デイデイトの特徴とも言えるプレジデントブレスレットの名前の由来になっています(最初に贈ったモデルはデイデイトではなくデイトジャストでした)。

宝飾が無くとも美しく存在感があり、着ける人を選ぶモデル、また着けられる方はそれなりの地位の方であるため、富と成功の証とも言われるほど。ホテルマンは男性客の左腕にデイデイトが巻かれていた場合には対応が変わるとまで言われていました。現在ではそういった逸話通りでは無いかもしれませんが、やはり正規店でデイデイトを購入するということはロレックスファンならばステイタスであり憧れであることは今も変わりません。

ロレックスが使用する最高級素材と言えばプラチナ950です。そのプラチナケースを使用したモデルのみに使用が許可される「アイスブルー」文字盤をご存知でしょうか?デイデイト、チェリーニ、デイトナなどに存在するアイスブルーは冷たくも美しい淡いブルーなのですが、けっこう個体差があり薄くてシルバーに見えるものから濃い水色に見えるものまで様々です。好みもあると思いますが濃いめのほうが人気があるようです。

■デイトジャスト

デイトジャスト ~現代のクラシックウォッチの典型~
流行に左右されない美しさと機能を兼ね備えるクラシックなロレックス デイトジャストは、現代のクラシックウォッチの典型とも言えるモデルである。デイトジャストは、初期のモデルに顕著に見られるデザイン的特徴を長年にわたって保ち、誰が見てもひと目でわかる時計として広く知られている。

デイトジャストが誕生したのは1945年。デイト表示のあるオイスターパーペチュアルがファーストモデルでした。12時ジャストに日付が切り替わるデイトジャスト機構が搭載されるのはその10年後、日付が拡大して見えるサイクロップレンズも同じ時期になります。防水性があり、自動巻きであり、日付表示があり、しっかりとシンプルに時刻を教えてくれる。ただただそれだけで良いのです。無駄のない機能美がデイトジャストの真骨頂。流行り廃りのないデザインはいつまでも使い続けられます。万人に受けるデザインのため、シンプルなスティール素材、ホワイトゴールドをベゼルに使用したモデル、イエローゴールドやピンクゴールドとスティールのコンビネーション(ロレゾール)、リッチな金無垢モデルやプラチナ無垢まで幅広いラインナップに、宝飾が散りばめられたもの、インデックスにダイヤモンドがセットされたものなどゴージャスなモデル、26mmから41mmまでのサイズ展開。至れり尽くせりですね。何百種類ものあるデイトジャストですから、必ず1本はお気に入りが見つかるはずです。

デイデイトやデイトジャストの最上級ラインには特殊な形状の「パールマスター」と呼ばれるモデルがあります。

パールマスター ~この上ない魅力~
ロレックスの中でも最高峰のジュエリーウォッチ。ロレックス パールマスター特有の柔らかな曲線を持つこのモデルは、贅を尽くしたダイアルと、ダイヤモンド、サファイア、ルビー等の煌びやかなストーン・セッティングを特徴とし、自社内の鋳造場で製造された18 ct イエロー、ホワイト、エバーローズゴールド製のみで展開している。

 

■チェリーニ

チェリーニ ~伝統的なロレックス スタイル~
伝統的なタイムピースのクラシシズムと不変のエレガンスを讃えるチェリーニ コレクション。 ロレックスのノウハウと完璧性を兼ね備え、時代を越えたフォルムが時計製造の伝統を体現しています。

ロレックスの非オイスターモデル「チェリーニ」。

チェリーニ ~伝統的なロレックス スタイル~
伝統的なタイムピースのクラシシズムと不変のエレガンスを讃えるチェリーニ コレクション。 ロレックスのノウハウと完璧性を兼ね備え、時代を越えたフォルムが時計製造の伝統を体現しています。