ロレックス エクスプローラーⅡについて~キメラ遺伝子の真骨頂~

FOUR DECADES OF ADVENTURE THE 1971 EXPLORER II

洞窟

エクスプローラーIIの歴史

1972年 エクスプローラーII 誕生Ref.1655

The Original Explorer II — Rolex’s Funky Disco-era Classic | Man's Fine Life (12659)

1971年 Ref.1016とはコンセプトの違う「冒険家」用モデル
Ref.1655 エクスプローラーIIのファーストモデルが誕生します。GMTマスターの開発で誕生したムーブメントCal.1570系を搭載し、GMT針が24時間表示で稼働します。
※24時間で1周まわります。
独特のデザインでヴィンテージ・ロレックスの中でも異形なレア・モデルですね!!
※90年代後半から古着屋さんの店長などがよく着けていました。
ベンツ針を使用しないスポーツモデルは珍しいですね。
エクスプローラーI(Ref.1016)との差別化か、GMT針との関連での視認性の問題か不明ですが、Ref.1655の大きな特徴となっています。
24時間針の必要性は、昼夜の確認ができない極地(洞窟内など)での探検時に役立つというわけです。
1984年頃まで製造されますが、ベゼルのフォント、文字盤のフォント、GMT針のカラーリングなど様々なバリエーションを生みます。
また、ムーブメントもCal.1570/1575の2種類あるようです。GMT針は3種類のカラーがあり、「イエロー」「オレンジ」「レッド」に分かれます。
ニックネームにsteve mc queen(スティーブ・マックイーン)や freccione(伊:大きい矢)などがあります。
※当時のカタログには「赤い針」とGMT針の紹介があります。黄色やオレンジの正体は???

1984年 短命 セカンドモデル エクスプローラーIIRef.16550

ロレックス・スポーツモデルの中でもビックリするくらい短命のモデル
Ref.16550 第2世代のエクスプローラーIIです。
1984-1989年と言う短さ。
(※欠陥品?キャリバー3085(短針独立稼動ムーブメント)は同じく短命だったGMTマスターIIの初代 Ref.16760にも搭載されています。
※詳しくは「ファットレディ」を参照ください)
Ref.16550は5桁スポーツモデルとして早々にサファイアクリスタルを搭載し、満を持しての新ムーブCal.30系のGMT専用Cal.3085を使用しています。
前作Ref.1655とリファレンスは似ているものの外観が大きく変更。
よりモダンな印象です。
独特な白文字盤にメタルフレームの丸型インデックス、ベンツ針に変更されました。
次作Ref.16570ではブラックフレームのインデックスに変更されますので外観での確認ポイントの1つですね。
センタースプリッドと呼ばれる6時位置のSUPERLATIVE CHRONOMETER OFFICIALLY CERTIFICATIONが2段に表示されている「真ん中」の空白部分が1直線になっている文字盤(レイルダイヤルとも呼ばれます)
更にクリームダイヤルと呼ばれる変色してしまった文字盤(アイボリーとも呼ばれます)
など、製造期間が短い中でもレア・バリエーションがあります。
(販売期間はもっと短い? 2年とも言われています)
またブラックフレームのインデックス(後期)や黒文字盤もあります。

1990年 サードモデル エクスプローラーIIRef.16570

Ref.16570はエクスプローラーIIの完成形と言えます。
Cal.3185を搭載し20年もの長い間続くリファレンスになります。
デザインはほぼRef.16550と同様ですね。
ビジネスに使用可能な爽やかなホワイトと、シックでクールなブラックの2種類の文字盤でスポーツモデルの中でも1.2を誇る人気モデルに進化しました。
当時はデイトナ、エクスプローラーI人気に引っ張られる感じでした。
デイトナの様に2種類ある文字盤と、キムタクブームのエクスプローラー・シリーズと言う追い風に乗りましたね。
ディティールの差異
・初期モデルはシングルロッククラスプ仕様でした。
・1996年頃からトリチウムの夜光を止め、ルミノバに変更されます。
・2000年頃からフラッシュフィットが一体化に強化されます。
・2000年代には横穴モデルが廃止、王冠透かしレーザー刻印がクリスタルに入ります。
・GMTマスターII同様、最後期にはCal.3186のレアモデルが存在します。

2011年 ビッグ・エクスプローラーIIRef.216570


2011年 エクスプローラーII誕生40周年に誕生した大型42mmの Ref.216570。
ムーブメントはCal.3187。
太めの短針長針に「大きい矢」を復刻させたGMT針、タフなEX2になりました。

次のページはエクスプローラーIIの人気に迫ります。